農機具などのローンは農協がオススメ

日本の農業は高齢化が進み生産性も悪いといわれていて衰退する産業だといわれていましたが、最近は事情が変わってきました。若い人が積極的に農業に参入するようになり、彼らの努力によって生産性がどんどん向上してきています。日本は国土が狭いため農業の生産効率は悪いといわれていましたが、それは高齢者の農家が勘に頼った農業をしていたことも大きな理由だといわれています。

 

農業の生産効率をどんどんアップさせるためには機械化が欠かせませんが、農機具は大変高価だという欠点があり多くの農家はローンを組んで農機具を購入しています。融資をしているのは従来はもっぱら農協でした。

 

農協は農業に対するノウハウを持っていますので、農家にローンを提供したり、技術的なアドバイスをしたり農家と一緒になって日本の農業を支えてきました。また最近は銀行や信用金庫もこうした農家に対する融資を加速させてい手競争が激しくなっています。

 

農家がローンを組む場合、今までの実績が重視されます。どんな作物を栽培してどのくらい出荷してきたのかとか、今後の事業計画なども参考にして融資が行われます。

 

最近はこうしたローンを利用して新しい農機具を導入して生産効率のアップに努めたり、新しい作物を栽培するためにハウスを建設したり、新しい生産設備を導入したりする農家が増えてきています。ローンを考えている農家の人たちは積極的に農協や銀行などに相談してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>