いくつかの方法で障害者もお金を借りることができます

障害者であっても、お金が必要なことはあります。健常者よりも収入が低い場合、または収入レベルは高くとも知的障害を抱えている場合などいろいろなパターンがあります。借り入れにあたっては金利が高かったり、健常者よりも条件が厳しくなることもありますのであらかじめ理解しておくことが必要です。

 

まずは、金融機関よりも公的機関からの借り入れを考えましょう。生活福祉資金貸付制度です。連帯保証人がいれば、無利子で。連帯保証人がいない場合も1.5パーセントという低金利でお金を借りることが可能です。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人が対象で返済能力があることが前提になります。

 

次に障害者のうち障害年金を受け取っている人であれば、独立行政法人福祉医療機構で障害年金を担保にお金を借りることが可能です。連帯保証人が必須で金利は1.6パーセント。融資してもらえる金額にももちろん、制限はあります。

 

また、金融機関からも借り入れ可能です。それは大前提として安定収入があり、連絡が取れる家族と暮らしていることです。もちろん、年金収入だけでは、返済能力があると認められず貸付は不可能となります。

 

このようにまず、障害者がお金を借りようとした場合はまず公的機関からあたることにしましょう。いずれにしても安定収入、連絡がとれる家族、または連帯保証人が存在することが借り入れを行う際の大きなポイントになってくることはいうまでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>