本当にお金に困ってしまった時は市役所で借りることが…できるんです!

明日食べるものがない、もうお金を借りるしかない、そんな事態に陥った時、まず思い浮かぶのが消費者金融での借り入れですよね。

けれども、消費者金融はとてもリスクが大きく、返せるあてがなければさらに自分の首を絞めてしまうような状態へとどんどん追い込まれてしまいます。

 

そうならないためにおすすめなのが、「市役所へ相談する」という方法です。

実はあまり知られてはいないのですが、市役所でお金を借りることができるのです。もちろん借りるのにはいくつかの条件があります。その条件について説明したいと思います。

 

生活福祉資金貸付制度の貸付対象となる人

・低所得世帯
・障害者世帯
・高齢者世帯

もちろん全ての条件を備えている必要はありません。お金を借りるに当たって原則連帯保証人を必要としますが、連帯保証人がいない場合でも貸付可能です。

 

利子については、連帯保証人がいる場合は無利子。連帯保証人がいない場合は、年1.5%となっています。他の金融機関、消費者金融とは異なり、あくまでも「返しやすい」金利となっています。

 

借りる時に必要になるものは、まず最初に住民票、次に所得証明です。あとはケースによって異なる場合もあるので、住まいの市区町村社会福祉協議会または都道府県社会福祉協議会へ相談することが一番の近道となります。もしくは事前に地域の民生委員さんへ相談してみるのもよいですね。

無理な借入をせず、ひとりで思い悩むのではなく…市役所へ相談しましょう。きっと道は開けるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>