街金は借りている額が多すぎると駄目です

中堅消費者金融と呼ばれる街金は、ある程度多重債務を持っていても貸してくれるメリットを持っています。できることなら、こうした方法を使いつつ、多重債務でもお金を借りていきたいところです。

 

しかし街金でも貸してくれないことがあります。それは多重債務が大きすぎる場合です。借りている額が大きければ大きいほど、街金は対応できなくなります。消費者金融として、ルールを最低限守らなければなりませんから、多重債務が大きいと判断されれば貸してもらうことは不可能です。

 

どうしても借りたいと思っているなら、多重債務でも大きなもあのは返済しなければなりません。返済していくことで、借りられる額がある程度生まれて、貸してくれるチャンスが出てきます。借りているままだと無理ですが、少し返しておくと数万円程度は貸してくれることもあります。とにかく借りたい金額に対して、残っている債務が相当多くなっている場合は注意が必要で、街金でも貸してくれない可能性が高くなってしまいます。

 

多くのお金を借りている人からすれば、多重債務になってしまうのは仕方ないと判断できます。しかし債務が残りすぎてしまうと、結果的に返済できないレベルになり、消費者金融のルール上貸出が出来ないと判断されてしまいます。街金も違法な貸出をする訳にはいきませんし、決められているルールの中で課してくれるのが一般的です。そのため借りている額が多すぎる場合は、少し返してから審査を受けてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>