誰にもバレずにお金が借りれる方法。

誰にもバレずにお金を借りる方法として、お勧めの方法が二つあります。

 

まずはいわゆる消費者金融を唄っているところで、お金を借りる方法ですが、今は窓口や自動機械の前に行かずともネットや電話でお金を借りる方法があります。
この方法はかなりスピーディーに審査が進められ、最近では即日でお金を借りる事もできます。

 

また万が一職場などに確認の電話があったとしても、絶対に消費者金融だと名乗る事はありません。
お金を貸す側からしたら、その人間が在籍しているかの確認がつけば良いので、名を変えて確認をします。(余ほどの過去にブラックリストなどの名前が挙がっていなければ、確認の電話もないと言われています。収入証明書が必要な場合はあります)

 

もう一つ私がお勧めなのは、少し期間はかかりますが(1週間~10日程度)
クレジットカードにお金を借りれるキャッイング機能をつけるのです。
もし買い物用のクレジットカードを持参していない場合はカードから作ります。
買い物カードは基本審査が緩いと言われているところもあって、キャッシング額も低額でしたら、簡単に審査も通ります。

 

その後、借り入れ返済が滞っていない人には増額の提案もあるので、その時に増額をしていく事をお勧めします。

 

買い物カードからのキャッシング機能を使うと、返済もリボ払いや分割払いや一括払いなども選べますし、お金を借りる際にも銀行やコンビ二の自動機で出来るので誰にも分る事なくお金を借りる事が出来ます。
女性の場合は特に後者の方をお勧めしたいと思います。

学生が安心・安全にお金を借りるには

大学生でもお金を借りることはできます。一番簡単な方法としては、クレジットカードを作ってクレジットカードで欲しいものを買うということです。

 

大学生ということで、クレジットカードの使える限度額も決まっていますし、リボ払いという毎月自分の決めた金額で少しずつ支払っていくという学生に優しい支払い方法もあります。

 

今の時代はクレジットカードは保証人がいなくてもネットから簡単に作ることができますし、カードが即日発行できるというところもあり、いざという時には便利ですよ。クレジットカードを作る際は、大手の会社でなるべく金利の低く、自分に合ったクレジットカードを作るようにしましょう。

 

また、クレジットカードではなくキャッシュカードを作ってお金をキャッシングすると言う方法もあります。キャッシュカードもネットから簡単に申し込めますし、即日発行されるところも多いので、どうしてもお金が必要な時は便利だと思います。

 

しかし、注意しなければいけないことは、クレジットカードもキャッシュカードも借金をしていると言うことです。金利もかかりますし、毎月返済していかなければいけません。クレジットカードもキャッシュカードもいつでもどこでも簡単に使えるので、お金があると勘違いしてしまいがちになってしまいます。

 

気づいたときには借金まみれ…なんてことにならないように、きちんと自己管理する必要があります。自己管理できない人は絶対にクレジットカード・キャッシュカードは作らないほうがいいと思います。きちんと必要なものかを見極めてから、欲しいものを買うようにしたほうがいいと思います。

カードローンは免許証がなくてもOK!

初めてカードローンを利用する場合、「免許証が必要かどうか」というのは気になりますね。特に若い方だと、最近では運転免許の取得率も下がってきているようなので、持っていないという方も多く、身分証明書はどうしたらいいのか、と悩んでいる方も多いと思います。

 

カードローンを利用する場合は、身分証明書の提示が必要となりますが、これは免許証である必要はありません。免許証の代わりとなる書類は「パスポート」「健康保険証」なので、これが用意できればカードローン申し込みをすることができます。他にも「住民票」や「印鑑証明書」なども身分証明書となります。

 

免許証以外の身分証明書を提出する場合には、2点だけ確認しておかなければならないことがあります。それが「有効期限は切れていないか」「住所が現住所になっているか」ということです。

 

身分証明書に記載されている住所と現住所が違っていては、当然身分証明にはなりませんから注意しましょう。住民票などの書類には有効期限が書かれていませんが、一般的には役所で発行してもらってから3ヶ月以内が有効期限となっているので注意しましょう。

 

初めてカードローンを利用するときに注意したいのは、どのカードローンを利用するかにもよりますが、審査が通ってもすぐに現金を手にすることが難しいことがあるということです。
銀行系のカードローンは、基本的に口座への振り込みになりますから、申し込み時間によっては最短で翌日入金となります。当日現金が必要なのであれば、午前中の早い時間に申し込みをするようにしましょう。

専業主婦でもお金は借りられます

普通の専業主婦ならば、お金が足りなければ旦那さんに相談して工面するはずですが、バレたくなくて秘密にしたい人でも旦那さんに内緒でお金を借りることは可能です。

消費者金融ではお金を借りる際、自分の年収の3分の1までは借りることが可能という「総量規制」という法律が適用されますが、銀行カードローンでは法律適用対象外となっていることから、専業主婦で収入がなくても、銀行カードローンであれば借り入れが可能なんです。

 

銀行カードローンは、旦那さんのサインや収入証明書がいらないので、こっそり借りられます。いちいち行かなくても、自宅のインターネットから申し込み、自分が指定した口座に振り込んでもらえばバレません。

バレるのは、お金を借りた専業主婦が返済できなくなり、旦那さんに泣きついたときだけなので、そうならないように早めに返済することが大切です。妻が自分に内緒でお金を借りて気分がいい旦那さんはいないと思うので、そこは気をつけておくべきです。

 

私は専業主婦がお金を借りるのならば、口コミ評判が良好の「レイク」がおススメです。即日融資も可能で、30日間の場合と180日間の場合を選べる、無利息期間が適用されているのがありがたいです。

 

現代では、無収入だからと言って、借り入れができないということは少なくなっていますが、たまに借り入れした会社から増額のお誘いがくる場合があります。増額は返済に首が回らなくなるリスクが高くなるので、返済が終わっていないのに、増額することだけはしないことが賢明です。