楽天銀行スーパーローンが、女性の方へお勧めな理由について

今ではテレビCMやインターネット上でのポイントサイトやそこでのバナー、ローン比較専門サイトなどに掲載をされたりしている大変有名な「楽天銀行スーパーローン」ですが、借入額の最高限度額枠などもとても多く、800万円までという高さなうえに、金利なども50万円分の借り入れ額の場合には、14.5%という法定利率などよりも低い設定などがなされたりしていますので、低所得である利用希望者の方でも、難なく安心して利用が可能になっています。

 

また、申し込みの審査のハードルなどもそれ程は高くは無く、きちんと申し込み希望者自身が自らの本人確認が可能な証明書類などを所持したりしていれば、満20歳から満62歳までの方で、定期的な安定した収入がある方であるなら誰でも申し込みが可能になっています。

 

その点を考えてみると、今話した年齢の範囲内でありさえすれば、誰れも利用が可能だという事になりますので、収入が少ない方が多い女性の方の場合には、大変利用がお勧めである商品といえます。そのままネット銀行である楽天銀行の口座を利用して申し込みが出来るうえに、その口座から月々での返済支払いを少額ずつしていけばよいので、そうした面で大きなメリットがあります。

 

無理をせずにこのように低金利での利用が可能なところが、この楽天銀行スーパーローンの良いところといえますので、こうした点がまさに、女性の方には向いているような感じがします。一度はぜひ、利用してみる価値は大いにある商品です。

電話確認無しでお金を借りるのは簡単!

お金を借りる方法といえば、キャッシングやカードローンがメジャーです。プロミスやアイフルなど様々な金融会社を選ぶことができ、即日融資を行っている会社も多いですね。自動契約機を使えば気軽に借りることもできますし、現代は本当に周囲にバレずにお金を借りやすい時代です。

 

お金を借りる時に気掛かりなのが職場への電話確認です。これを在籍確認と言いますが、在籍確認の目的は自分の職場情報が本当に正しいのかどうかを確認することです。その方法として、申込時に記述した職場の電話番号へ電話をするのが、確実に在籍しているかどうかを確認できる方法とされています。

 

しかし、利用者にとってはこの電話確認が1つの不安となります。職場の同僚にお金を借りることがバレてしまうかも・・・と思うわけですが、基本的に電話確認は金融会社の担当者が個人の名前で電話をしてくれることが多いため、その点はさほど不安に感じる必要はないかと思います。

 

また、申込時に電話確認について相談しておくと、確実に個人名から電話をしてもらうことができます。

 

どうしても電話確認が不安という人は書類から在籍確認をしてもらいましょう。要は自分が勤め先に在籍していることが確認できれば良いので、直近の給与明細を数部提出することでも在籍確認をしてくれる金融会社があります。

 

また、その旨を申込概要に記述していなくても、相談をすることで書類から在籍確認をしてくれる金融会社もあります。

水商売だから借入は無理ということはありません!

水商売だから審査に通らない、ということはありません。どんな職業であっても毎月安定した収入があれば、借入は可能です。

お店のマネージャーに相談すれば、電話による在籍確認の相談にも乗ってくれます。お店にも内緒にしておきたい場合は、事前に担当者に相談して何時に電話をかけてくるのか確認しておきましょう。

 

在籍確認といっても、担当者名でかかってくるのでバレにくいですし、感づかれても、「クレジットカードの申し込みをしたから」と、誤魔化せば大丈夫です。

しかし、単発で週に1回程度しか仕事をしていないとか、入店が決まったばかりだと審査は厳しいかもしれません。

 

やはり、審査の基準の一つとして、勤続年数が3年以上あることがポイントとなりますので、勤続年数が短すぎたり、転職回数が多いと審査に通らないか、通っても限度額が低くなることが考えられます。

 

それから、すでに複数社から少額の借入をしている場合も審査に通らない可能性があります。すでに5件以上から借入をしている場合は、3件以下に借入件数を減らしておく必要があります。

 

また、返済履歴がだらしない場合も審査に影響しますので、キャッシングが初めてであっても、クレジットカードの返済がいつも返済遅延や延滞を繰り返していると、審査に落ちてしまいます。水商売だとどうしても、「すぐに辞める」「金遣いが荒そう」「収入の浮き沈みが激しい」といったマイナスのイメージがあるので、限度額は低く設定される可能性が高いです。

どうしても、不安定な仕事と見られてしまう漁師の仕事

漁師の場合、完全、歩合制の仕事になっていると思います。その為、月収も年収も、その月、その年の漁獲量に応じて大きく変動する為、安定した収入を第一とする銀行や消費者金融の利用の場合、サラリーマンや公務員などと比較されると不利に働く場合が多くなっています。

 

しかし、これは、あくまでも不利に働くと言うだけであって、お金を借りる事ができないと言う事ではありません。そこでポイントになってくるのが年収です。

 

毎年、一定の年収がある事を確認する事ができれば、ある程度の借金は可能になってきます。漁師の場合、景気などに大きな影響を受ける心配はありません。しかし、その一方、天候には大きく作用される事があるかと思います。その為、数年に渡り一定の収入が確保されている事を証明する事が大切になります。

 

また、漁師の場合、在籍確認ができない為、漁師として働いていると言う事を証明する必要があります。その際は、確定申告書などを提示し、確認してもらう必要が出てきます。これらの準備ができ、収入に自信のある場合は、審査の申し込みをする事で、お金を借りる事は十分に可能かと思います。

 

また、お金を借りる場所は、消費者金融や銀行以外に漁師の場合、日本政策金融公庫農林水産事業などでも融資を受ける事が可能になっています。ここで受ける事ができた融資は、漁に関わるものに利用する事ができ、新しい漁業用機器などの購入に充てる事も可能になっている為、安心です。