積立式の保険を担保にお金を借りる方法

信用を失ってしまってお金を借りられないときにも、担保を用意すれば借り入れを行ることがあります。売ることはできないけど預けることができるという財産がある場合には、それを一時的に差し出すことでお金が手に入ります。

 

財産にも色々な形があります。目に見え、形としてそこにあるものばかりではありません。見えなくても確かにそこにあるもの、積立金を支払って利用している保険などは、その代表的な例です。

 

それまで払っていたお金が多いほど、将来受け取れる金額が大きいほど、保険会社から多額のお金を借り入れることが可能です。掛け捨てではないタイプの保険は解約するときにお金が手に入るので、困った時には保険を解約するという人も多くいますが、受け取る分のお金を担保に借りる形をとったほうが、返し終えたときに保険を通常通りに使用できリスクがありません。

 

保険会社によっても借り入れ条件は異なるので、困った時には直ぐに相談してみることをおすすめします。借り入れが行える状態にあるときは、担当の指示に従って申請をしていけば問題ありません。

 

即日の借り入れができるかどうかは、それまでの保険会社とのコミュニケーションの有無が関わってきます。借り入れの必要性を感じたときには、早めに連絡をとっておくと安心です。

 

ただし返済をしっかり行っていかないと、予定金額を受け取れなくなるので注意しましょう。危機が去った時にはしっかりと借りたお金を返して、本来自分のものとなるべき金額を確保してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>