個人事業主がお金を借りる為に必要な事とは

借金を行いたい場合には、カード審査にクリアする必要があり、一般的には安定した収入を持つ方が有利に働くものです。

ですから高収入でも波がある方よりも、公務員や大手の正社員のように安定収入を持つ方は審査に通りやすくなり、個人事業主の方は審査で慎重に扱われるのは自然な流れです。

 

フリーランサーと言われる個人事業主は、金融業者で借金が出来るのかどうか不安という方が多いですが、いくつかのポイントを押さえる事で可能になります。

公務員や一般のサラリーマンの場合は、小口融資を受ける場合には、個人証明書である運転免許証だけでも審査書類として有効ですが、フリーランサーの場合は収入証明書の提出が必須です。

 

業者から指定された条件を満たす収入証明書等の各種書類を揃えて審査に挑む事が必要であり、業者の多くは事業性資金に使う場合は融資を行わないという条件が多いですから、そういった点に注意しておくとカード審査にクリア出来る可能性が高いと言えます。

 

事業資金を借りたい場合は事業者ローンやビジネスローン等が有効であり、無担保ローンを使いたい時には審査が厳しくなるのがフリーランサーの特徴です。

銀行や消費者金融でも個人事業主用のローンを扱っている所が多く、こうしたローンは消費者金融を利用しても総量規制対象外で利用出来て、年収の3分の1を超えた借入も可能になっています。

 

もちろん審査クリアする事が必要ですから、収入証明書として確定申告書の写し等は事前準備して整える事が必要です。

年金生活者でも消費者金融はお金を貸してくれる

急にお金が必要になったというときには消費者金融でキャッシングをするという人も多いと思いますが、消費者金融で年金生活者はお金を借りることができないと考えられているようです。しかし、実はこれは間違いで年金生活者でもお金を借りることができます。

 

消費者金融がお金を貸す人は毎月定期的な収入がある人が対象とされていますので、年金生活者でもアルバイト生活の人でもお金を借りることができますので安心してください。大手の消費者金融を含めて多くが年金生活者にお金を融資していますが、融資の限度額は低めに設定している会社もたくさんありますので注意が必要ですが、あまり心配はないと思います。

 

一方で、最近は銀行もキャッシングのビジネスに参入していますが、銀行の場合お金を貸してくれないこともありますので、消費者金融で融資を申し込んだ方が無難です。また消費者金融でも融資する人に年齢制限を設けている会社があります。75歳とか80歳以上の場合お金を貸してくれないケースもありますので、一度確認してみてください。

 

消費者金融の利息は多くが15%程度で、銀行の融資よりも高めに設定されています。高齢者の人たちはあまりに高すぎるとびっくりしてしまう人も多いと思いますので、毎月の利息などを良く確信してから借りるようにしましょう。後から利息が高すぎるというトラブルに発展するケースも結構あるようですので、借りるときには注意が必要です。

外国人(外国籍)でも借り入れは可能?

日本には、日本人(日本国籍)だけでなく外国人(外国籍)の方も生活をしています。生活をしている中で日本人がお金に困ることがあるように、外国人でもお金に困ることはあります。そういう時、外国人(外国籍)の方はお金を借りることができるのか気になりますよね。

 

実は、外国人(外国籍)であってもお金を借りることは可能です。ただ、申し込み条件など日本人(日本国籍)とは違う部分があります。

 

例えば、銀行系カードローンの場合「永住許可を受けていること」が申し込み条件の基本になっています。三菱東京UFJ銀行「バンクイック」やみずほ銀行カードローンなどが該当します。消費者金融のカードローンの場合は、必ずしも永住許可を受けている必要はありませんが「在留カード」または「特別永住者証明書」の提出が求められることが一般的です。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどが該当します。それ以外の申し込み条件(日本で仕事をしている・安定した収入があるなど)や提出書類については基本的に日本人(日本国籍)と同じと思っていいでしょう。

 

消費者金融でのカードローンの場合、年収の3分の1までしか借り入れをすることができないという「総量規制」の問題がありますが、これは外国人(外国籍)にも同じように適用されます。借り入れの際には注意が必要です。

 

また、申し込みの際には必要書類に日本語で記入する必要があり、窓口などでは担当者と話す必要も出てきます。ですから最低限それらができる・話せる日本語能力は必要になると考えておきましょう。

誰にもバレずにお金が借りれる方法。

誰にもバレずにお金を借りる方法として、お勧めの方法が二つあります。

 

まずはいわゆる消費者金融を唄っているところで、お金を借りる方法ですが、今は窓口や自動機械の前に行かずともネットや電話でお金を借りる方法があります。
この方法はかなりスピーディーに審査が進められ、最近では即日でお金を借りる事もできます。

 

また万が一職場などに確認の電話があったとしても、絶対に消費者金融だと名乗る事はありません。
お金を貸す側からしたら、その人間が在籍しているかの確認がつけば良いので、名を変えて確認をします。(余ほどの過去にブラックリストなどの名前が挙がっていなければ、確認の電話もないと言われています。収入証明書が必要な場合はあります)

 

もう一つ私がお勧めなのは、少し期間はかかりますが(1週間~10日程度)
クレジットカードにお金を借りれるキャッイング機能をつけるのです。
もし買い物用のクレジットカードを持参していない場合はカードから作ります。
買い物カードは基本審査が緩いと言われているところもあって、キャッシング額も低額でしたら、簡単に審査も通ります。

 

その後、借り入れ返済が滞っていない人には増額の提案もあるので、その時に増額をしていく事をお勧めします。

 

買い物カードからのキャッシング機能を使うと、返済もリボ払いや分割払いや一括払いなども選べますし、お金を借りる際にも銀行やコンビ二の自動機で出来るので誰にも分る事なくお金を借りる事が出来ます。
女性の場合は特に後者の方をお勧めしたいと思います。

学生が安心・安全にお金を借りるには

大学生でもお金を借りることはできます。一番簡単な方法としては、クレジットカードを作ってクレジットカードで欲しいものを買うということです。

 

大学生ということで、クレジットカードの使える限度額も決まっていますし、リボ払いという毎月自分の決めた金額で少しずつ支払っていくという学生に優しい支払い方法もあります。

 

今の時代はクレジットカードは保証人がいなくてもネットから簡単に作ることができますし、カードが即日発行できるというところもあり、いざという時には便利ですよ。クレジットカードを作る際は、大手の会社でなるべく金利の低く、自分に合ったクレジットカードを作るようにしましょう。

 

また、クレジットカードではなくキャッシュカードを作ってお金をキャッシングすると言う方法もあります。キャッシュカードもネットから簡単に申し込めますし、即日発行されるところも多いので、どうしてもお金が必要な時は便利だと思います。

 

しかし、注意しなければいけないことは、クレジットカードもキャッシュカードも借金をしていると言うことです。金利もかかりますし、毎月返済していかなければいけません。クレジットカードもキャッシュカードもいつでもどこでも簡単に使えるので、お金があると勘違いしてしまいがちになってしまいます。

 

気づいたときには借金まみれ…なんてことにならないように、きちんと自己管理する必要があります。自己管理できない人は絶対にクレジットカード・キャッシュカードは作らないほうがいいと思います。きちんと必要なものかを見極めてから、欲しいものを買うようにしたほうがいいと思います。

カードローンは免許証がなくてもOK!

初めてカードローンを利用する場合、「免許証が必要かどうか」というのは気になりますね。特に若い方だと、最近では運転免許の取得率も下がってきているようなので、持っていないという方も多く、身分証明書はどうしたらいいのか、と悩んでいる方も多いと思います。

 

カードローンを利用する場合は、身分証明書の提示が必要となりますが、これは免許証である必要はありません。免許証の代わりとなる書類は「パスポート」「健康保険証」なので、これが用意できればカードローン申し込みをすることができます。他にも「住民票」や「印鑑証明書」なども身分証明書となります。

 

免許証以外の身分証明書を提出する場合には、2点だけ確認しておかなければならないことがあります。それが「有効期限は切れていないか」「住所が現住所になっているか」ということです。

 

身分証明書に記載されている住所と現住所が違っていては、当然身分証明にはなりませんから注意しましょう。住民票などの書類には有効期限が書かれていませんが、一般的には役所で発行してもらってから3ヶ月以内が有効期限となっているので注意しましょう。

 

初めてカードローンを利用するときに注意したいのは、どのカードローンを利用するかにもよりますが、審査が通ってもすぐに現金を手にすることが難しいことがあるということです。
銀行系のカードローンは、基本的に口座への振り込みになりますから、申し込み時間によっては最短で翌日入金となります。当日現金が必要なのであれば、午前中の早い時間に申し込みをするようにしましょう。

専業主婦でもお金は借りられます

普通の専業主婦ならば、お金が足りなければ旦那さんに相談して工面するはずですが、バレたくなくて秘密にしたい人でも旦那さんに内緒でお金を借りることは可能です。

消費者金融ではお金を借りる際、自分の年収の3分の1までは借りることが可能という「総量規制」という法律が適用されますが、銀行カードローンでは法律適用対象外となっていることから、専業主婦で収入がなくても、銀行カードローンであれば借り入れが可能なんです。

 

銀行カードローンは、旦那さんのサインや収入証明書がいらないので、こっそり借りられます。いちいち行かなくても、自宅のインターネットから申し込み、自分が指定した口座に振り込んでもらえばバレません。

バレるのは、お金を借りた専業主婦が返済できなくなり、旦那さんに泣きついたときだけなので、そうならないように早めに返済することが大切です。妻が自分に内緒でお金を借りて気分がいい旦那さんはいないと思うので、そこは気をつけておくべきです。

 

私は専業主婦がお金を借りるのならば、口コミ評判が良好の「レイク」がおススメです。即日融資も可能で、30日間の場合と180日間の場合を選べる、無利息期間が適用されているのがありがたいです。

 

現代では、無収入だからと言って、借り入れができないということは少なくなっていますが、たまに借り入れした会社から増額のお誘いがくる場合があります。増額は返済に首が回らなくなるリスクが高くなるので、返済が終わっていないのに、増額することだけはしないことが賢明です。

無利息キャンペーンを利用しよう

急にお金が必要になった時大変困ってしまいますが、こういう時には消費者金融を利用する人が多いようです。消費者金融は利息は高めですが、審査は銀行よりも甘いというメリットがあり多くの人に利用されています。

 

そんな消費者金融で行われているキャンペーンで無利息キャンペーンというものがあります。これはその消費者金融を初めて利用する人に対して、一定期間金利をゼロにするというキャンペーンで、大手の消費者金融のほとんどが行なっているサービスです。

 

ほとんどの消費者金融は1ヶ月間無料にしていますので、つまり1ヶ月間は無料でお金を借りられるということです。お金を借りて給料が入ればすぐに返済すればタダで借りられますので大変お得です。

また最近の消費者金融はお金を借りたり返済したり全てをオンライン上で行えるようになってきました。一昔前までは無人契約機に出かけて行く必要がありましたが、大変便利な時代になりました。

 

しかしながらこうしたオンラインのサービスや無利息キャンペーンを行っているのは大手の一部の消費者金融だけで、中小の消費者金融のほとんどはこうしたサービスは行なっていませんので注意が必要です。ですので借りるなら大手がオススメです。

 

また大手の消費者金融のサービスはどこも横並びでどこで借りても利息などはほぼ同じですので、どこで借りても問題ないと思います。借りすぎにはくれぐれも気をつけ消費者金融を上手に使いましょう。

女性が初めてキャッシングを利用する際にお勧めの金融機関

はじめてキャッシングを利用するともなれば、不安に思う事も多いかと思います。その為、出来るだけ、そんな不安を取り除いてくれる金融機関の利用がお勧めかと思います。

 

特に女性が利用するともなれば、なおさらです。質問したい事があっても、男性スタッフには聞きにくいと思う事もあるのではないでしょうか。だからと言って、わからないまま、契約し、利用する事は決して、お勧めする事ができるものではありません。その為、疑問に思う事は必ず確認し、納得した上で契約する必要があるのです。

 

そこでお勧めしたいのが、プロミスレディースです。プロミスレディースの場合、女性のお客さま専用ダイヤルが準備されており、女性オペレーターが電話での相談受付を行っています。その為、男性スタッフが電話に出るような事は一切ありません。

 

その他、プロミスレディースの場合、初めての利用に限り30日間無利息サービスを利用する事が可能です。これは、プロミス全般で行っているサービスになっており、プロミスレディースでも同様にサービスを受ける事が可能になっているのです。その為、初回出金の翌日から30日間は無利息でお金を借りる事ができ、もし、その期間内に返済する事ができれば、利息を支払う事なく、お金を借りる事も可能になっているのです。

 

このように、女性スタッフによる女性専用のサービスを行っており、無利息期間を設けている事から、プロミスレディースは、初めてキャッシングを利用する女性にお勧めの金融機関になっていると言えるのです。

副業で早期に借金返済

自分では借金返済のために、それなりに切り詰めた生活を送って返済をしていると思っていても、実際には今よりも、返済金額を増やすことは可能だと思います。

何故なら、返済をするためには収入を増やせば良いというのが一番のポイントだからです。

 

しかしこれは、いきなり転職を勧めるという訳ではありません。

上手く転職出来るに越したことはないですが、それはとんでもない賭けだからです。ですから、収入を増やすというのは、今働いている会社での仕事の他に、副業をするという意味です。

会社が終わった後でも良いですし、休みの日に副業して借金返済をするのが妥当でしょう。

 

何千万円という借金ではないですし、200万円程度であれば、副業さえしてしまえば早い段階で完済出来るでしょう。しかし、副業に割く時間が残念ながらあまり多く取れないのであれば、自宅にある不要品などをリサイクルしてしまうのも一つの手段です。

 

今はネッオークションなどもありますから、そこそこ高値で不要品の売買も出来ます。自分では入らないと思っていた物でも、意外と必要としている人がいるものです。

街のリサイクルショップなどに売ってしまうと、かなり安値で買い取られてしまう可能性が高いので、それだけは気をつけましょう。

 

一攫千金を夢見て、競馬やパチンコなどでお金を手に入れるという方法だけは辞めましょう。絶対に損をする確率の方が高いのです。

 

200万円を貸してくれる人など親戚や知人には、なかなかいないでしょう。ですから、利子ばかりが増える事がないように、早めに手を打ちましょう。