アローでお金を借りる際のメリット、デメリットと注意点

アローは名古屋市に本店のある中小の消費者金融です。貸金業に登録したのが平成22年なので、歴史はまだ浅い金融業者ですが、名古屋を中心に知名度が高くなっています。

 

その理由の一つは、インターネットで申し込みができ、名古屋市近郊以外の人でも申し込みできることにあります。アローのホームページは簡素ですが、返済シミュレーションができるようになっているので、まず確認してから申し込める点も便利です。早い時間に申し込めば、即日融資も可能となっています。

 

20歳以上・65歳以下で継続して安定した収入があれば、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員、自営業者など、正社員ではなくても申し込みできます。過去に自己破産や債務整理をしている人でも審査をしてくれるので、大手消費者金融の審査に通らなかった人がダメもとでアローに申し込んだら借りることができたというケースもあります。

 

一方で、中小の消費者金融特有の不便な点もあります。そのひとつとして、ローンカードの発行はしないため、コンビニなどのATMで借入したり返済したりということができないことが挙げられます。借り入れも返済も銀行振り込みとなり、特に返済の際には振込手数料がかかるので利息にプラスして考える必要があります。

 

申込みの際の提出書類は、本人確認書類だけではなく、収入証明書も必要となります。大手消費者金融の場合は、50万円までなら本人確認書類だけでOKなので、少し面倒に感じる点です。金利についても、大手消費者金融が最高18.00%となっているのに対し、アローは19.94%なので、少し高くなります。

 

メインの消費者金融として利用するにはデメリットが多いように感じますが、既に他社で借りている、過去に自己破産をしているので大手の審査に通らないという人には利用価値があると思います。

キャッシング業者ライフティのメリットやデメリット

ライフティは中小キャッシング業者の一つで、クレジットサービスなども展開している会社になります。
会社としては規模も大きいので信頼性は高く、借り入れがセブン銀行のATMから可能なため全国的に利用しやすいといえます。

 

ライフティでは大手キャッシング業者から既に借り入れしている場合でも、問題が無ければ審査も通るところがメリットといえます。
またネットから申込み出来、24時間365日申込みを受け付けています。
そういった面は大手金融会社と変わらない対応なので、急に申込みが必要になった時に助かります。

 

しかも1,000円からの融資にも対応しているので、少しだけ足りないという時にも便利です。
デメリットとしては、審査自体は柔軟性があるものの審査速度が少し遅くなります。
他社からの借り入れがあったり、返済履歴で問題があり申込みすれば仕方のないことでもあります。

 

返済に関しては24時間いつでも手続きできるのが便利ですが、返済期日が35日サイクルでくるので注意の必要があります。
1ヶ月単位ではなく、35日なので定期的に決まった日にちに返済日がならないためきちんと自分で把握して置くようにしましょう。

 

ライフティは担保や連帯保証人も必要ありませんので、他社からの借り入れがある人にも、初めて融資を受けたい人にもお勧め出来るキャッシング業者です。
一定の条件を満たしていれば「おまとめローン」で、多重債務を一本化することも出来ます。
そうすれば返済負担も軽減出来るので、多重債務を行う際はこちらも検討出来ます。

キャッシングのフクホーについて

キャッシングに関しては新規だとかなり優遇されていたり審査が柔軟だったりするのですが、しかし事前に複数社から借入をしている場合だとそれはちょっと難しくなるケースがあります。

大手だとその傾向がありますが、中小のキャッシング会社なら柔軟に対応してくれるケースもありフクホーという会社も結構な口コミで評判が良いとされています。

 

今回は他社から2件ほど借入をしているということになりますが、このフクホーは消費者金融なので総量規制の対象になります。

借入希望額と事前に借入ている金額の合計が年収の1/3以下にならないといけませんが、しかしそれでもフクホーは他社から複数借入があっても審査に通過したりという口コミが多く、安定している中小のキャッシング会社と言えるでしょう。

 

内容に関しては年利が7.3%~18.0%であり借入限度額が5~200万円と消費者金融の標準的なものとなっているので、この辺は妥協をする必要があります。申し込みに関してはかなり早く済んだという口コミが多く24時間ネットで受付が出来るという点はとても便利となっています。

 

借り換えローンやレディースキャッシングなども扱っているので、用途に応じて選ぶのがいいでしょう。店舗は大阪にあるので、返済などに関しては銀行振込が一番簡単になります。

 

この辺は大手のキャッシング会社の幅広さには適いませんが、それでも審査の柔軟性に関しては中小のキャッシング会社ではかなり良いので、選択する価値があります。

日曜日に急にお金を借りたいときどうすれば良いか

日曜日など土日祝日に融資してもらいたい場合、まずはそれが可能な金融機関を探さなければいけません。銀行窓口は営業していないですので、それ以外から検討する必要があります。そこで覚えておきたいのは、大手消費者金融のアイフルです。

 

アイフルは、ネットから24時間申し込みが可能です。つまり、土日祝日でも関係なく融資の申し込みができます。融資の申し込みをすれば審査がありますので、あまり遅い時間に申し込んだ場合の即日融資は難しいです。しかし、午前中など時間に余裕を持って融資を申し込めば、即日融資される可能性が高くなります。

 

日曜日に融資を受けるためのポイントは、ネットを利用するという点です。パソコンおよびスマホから融資の申し込みができますので、まずはネット環境がないと厳しいです。逆に言えばネット環境さえあれば何とかできますので、まずはアイフルの融資を頼ってみるのがおすすめです。そのために準備しておきたいものは、まず本人確認書類です。これがないと融資を受けられませんので、指定された本人確認書類の準備を怠らないことが融資につながります。

 

もしも審査が通って無事に融資を受けられるのであれば、指定した口座に希望する額をすぐに入金してもらえます。そうすればたとえ日曜日であろうとも問題なくお金を受け取ることができますので、お金の悩みを解決できます。ですので、もしも日曜日に急にお金を借りたくなったら、アイフルのネット申し込みがとても便利です。

ちょっと甘めの審査かも?!SGファイナンスでお金を借りられました!

すでにいくつかの金融業者からお金を借りていると、なかなか他の会社の審査がおりなかったりしますよね。

私も実は、すでに2社から借り入れをしているので、どうしようかなと困っていました。
30代独身でバリバリ働いてはいるものの、独身貴族のうちに遊んでおこうと思うとやはりいつでも金欠なんですよね。

 

実は、今付き合っている年下の彼が「急に来週休みがとれるようになったからさ、一緒にバリに行かない?」と誘ってくれて。
仕事の方はいつもシフトを代わってあげているから、今回は何とかなると思ったのですが、お金の方がなくて。

 

友人が勧めてくれたSGファイナンスに、ネットで申し込みをしたところ、当日のうちに電話で連絡がきました。
電話で訊かれたことは、思っていた通り今の借り入れ状況です。
ここは嘘をついても始まらないと思い、正直に他2社の状況を話しました。そのあと、仕事のことを確認され、返済は次のボーナスで考えていると答えたところ、なんと審査が通ったのです!

 

翌日には振り込まれ、無事になんとかなりました。

友人の話によるとSGファイナンスは、まだ貸金業の許可を取って数年なのだとか。
顧客獲得に頑張っている今だからこそ、審査がゆるめなのだそうですよ。

 

忙しくてなかなか遊べない彼だから、ここで誘いを断りたくなかったんですよね。
お金がないからって、チャンスをあきらめるなんて私にとってはあり得ないこと!
バリ旅行がプロポーズにつながるかもしれないですもんね!!

無利息でお金を借りられる大手消費者金融

急いで現金10万円が必要になった場合には、大手消費者金融のホームページに用意してあるキャッシングの申し込みフォームを使うととても便利です。用意されているフォームに勤務先や勤続年数、社会保険の種類やキャッシングしたい金額など、必要な事項を書き込んで送信すると、業者の方で貸し付け可能かどうかの審査が行われます。

 

審査にパスできればパスポートや運転免許証など本人確認の書類をスマホなどで撮影し、アップロードして業者に送ればいいだけなので手続きはとても簡単です。午後2時までにすべての手続きを終えることができれば、その日のうちに銀行口座にお金を振り込んでもらうことも可能なのです。

 

消費者金融のホームページからインターネットを使って10万円を借り入れる申し込みをすれば、わざわざ消費者金融の店舗まででかけていく手間も時間もかかりません。

 

大手消費者金融の中でもプロミスは、初めて利用する人に限ってですが、30日間無利息になるというお得なサービスを行っています。ただし契約する時に公式サイトでメルアドを登録し、書面の受取方法で「プロミスのホームページで(Web明細)を確認」を選んだ人だけという条件があるので気をつけるようにしましょう。

 

アコムやアイフルでも契約をした日の翌日から30日間は無利息で借り入れをすることができ、レイクでは借り入れ金額が5万円以内なら180日間・5万円以上なら30日間無利息でお金を借りることができます。10万円借りるなら、レイクでも30日間は利息無しでお金を借りることができるということになります。

街金は借りている額が多すぎると駄目です

中堅消費者金融と呼ばれる街金は、ある程度多重債務を持っていても貸してくれるメリットを持っています。できることなら、こうした方法を使いつつ、多重債務でもお金を借りていきたいところです。

 

しかし街金でも貸してくれないことがあります。それは多重債務が大きすぎる場合です。借りている額が大きければ大きいほど、街金は対応できなくなります。消費者金融として、ルールを最低限守らなければなりませんから、多重債務が大きいと判断されれば貸してもらうことは不可能です。

 

どうしても借りたいと思っているなら、多重債務でも大きなもあのは返済しなければなりません。返済していくことで、借りられる額がある程度生まれて、貸してくれるチャンスが出てきます。借りているままだと無理ですが、少し返しておくと数万円程度は貸してくれることもあります。とにかく借りたい金額に対して、残っている債務が相当多くなっている場合は注意が必要で、街金でも貸してくれない可能性が高くなってしまいます。

 

多くのお金を借りている人からすれば、多重債務になってしまうのは仕方ないと判断できます。しかし債務が残りすぎてしまうと、結果的に返済できないレベルになり、消費者金融のルール上貸出が出来ないと判断されてしまいます。街金も違法な貸出をする訳にはいきませんし、決められているルールの中で課してくれるのが一般的です。そのため借りている額が多すぎる場合は、少し返してから審査を受けてください。

生命保険を担保にお金を借りれるか?

これからお金を借りたいと思っているという人もいるかと思います。ですが、大抵の人はお金を借りようと思った時は普通に消費者金融等に借り入れの申し込みをするしかないと思っています。

 

ですが、実はもっといろんな方法でお金を借りる事ができます。そのひとつが今現在加入している生命保険を担保にお金を借りるという方法です。

意外と生命保険を担保にお金を借りる事ができるという事を知らない人が多いです。

 

これを契約者貸付制度と言います。

ですが、ここで注意すべきがすべての生命保険でこの契約者貸付制度が使えるというわけではない点です。

 

では、そもそもどうして生命保険に加入しているとそれを担保にお金を借りれるのかというと、それは生命保険にはそれまで保険料を払い続けてきた保険を解約した時に解約金が支払われるからです。

 

この解約金とういうのがあるからこそ生命保険を担保にしてお金を借りる事も可能になるわけです。

ですから、同じ生命保険でも保険料が掛け捨てになっている生命保険の場合は解約金が発生しないのでこの契約者貸付制度を使ってお金を借りる事はできないです。

 

なので、生命保険に入っていればそれを担保にして必ずお金を借りれるというわけではありません。

なので、まずは今自分が加入している生命保険が掛け捨てタイプの保険でないか確認する必要があります。

それでその生命保険が途中で解約したら解約金が発生するかはっきりさせた上で生命保険を担保にして借入れの申し込みをすれば融資を受ける事ができます。

本当にお金に困ってしまった時は市役所で借りることが…できるんです!

明日食べるものがない、もうお金を借りるしかない、そんな事態に陥った時、まず思い浮かぶのが消費者金融での借り入れですよね。

けれども、消費者金融はとてもリスクが大きく、返せるあてがなければさらに自分の首を絞めてしまうような状態へとどんどん追い込まれてしまいます。

 

そうならないためにおすすめなのが、「市役所へ相談する」という方法です。

実はあまり知られてはいないのですが、市役所でお金を借りることができるのです。もちろん借りるのにはいくつかの条件があります。その条件について説明したいと思います。

 

生活福祉資金貸付制度の貸付対象となる人

・低所得世帯
・障害者世帯
・高齢者世帯

もちろん全ての条件を備えている必要はありません。お金を借りるに当たって原則連帯保証人を必要としますが、連帯保証人がいない場合でも貸付可能です。

 

利子については、連帯保証人がいる場合は無利子。連帯保証人がいない場合は、年1.5%となっています。他の金融機関、消費者金融とは異なり、あくまでも「返しやすい」金利となっています。

 

借りる時に必要になるものは、まず最初に住民票、次に所得証明です。あとはケースによって異なる場合もあるので、住まいの市区町村社会福祉協議会または都道府県社会福祉協議会へ相談することが一番の近道となります。もしくは事前に地域の民生委員さんへ相談してみるのもよいですね。

無理な借入をせず、ひとりで思い悩むのではなく…市役所へ相談しましょう。きっと道は開けるはずです。

ゆうちょ銀行でお金を借りることができる2つの方法について

ゆうちょ銀行でお金を借りる場合、大きくわけて2つの方法があります。
それは、定期預金を担保にしてお金を借りる方法と、ゆうちょ銀行のカードローンを使ってお金を借りる方法です。

 

このうち、定期預金を担保にして借りるのは簡単です。
この方法でお金を借りる場合、定期預金全額分のお金を借りられないことや、(最大でも預金額の9割までしかお金を融資してくれません)貸付限度額があるなどの問題がありますが、それでも担保がある以上門前払いされることはそうありません。

 

万が一お金が返せなくなっても、定期預金という担保があるので、安心してお金を借りることができます。
しかし、この方法でお金を借りるためには、銀行に定期預金が必要です。
では、今お金がない人はゆうちょ銀行でお金を借りることができないのでしょうか。

 

そういう人の場合、ゆうちょ銀行のカードローンを使ってお金を借りる方法があります。
ゆうちょ銀行は「したく」というカードローンを扱っていますので、このカードローンに申し込みをすれば、消費者金融と同じようにお金を借りることができます。

 

ただし、このローンを借りる場合、ひとつ注意すべきことがあります。
それは、このローンはゆうちょ銀行独自のカードローンではないという点です。

 

このローンは、ゆうちょ銀行が提携しているスルガ銀行と、お金を借りたいユーザーとの間を、ゆうちょ銀行が取り持っているだけのローンなので、キャッシング契約はスルガ銀行との間に行われます。
このローンでお金を借りるなら、その点にだけは注意しておきましょう。